業績があり、連絡先のはっきりした相性の良い会社を選びましょう!

見積もりの説明が明確であると安心です

印鑑を押すまで契約は成立しません

予算はハッキリと伝えましょう!もちろん予算が多いに越したことはありませんが、どの金額が適正なのかこちらで判断をする事はなかなか出来ません。
しかし、ネットなどの情報や、いくつかの業者に見積もりを出してもらう事で大体の相場をつかむことは出来ます。
あまりに高い見積もりや、あまりにも安い見積もりを出す業者、他社より値引きをしますよ、という業者に対しては、きちんとした説明をしてもらいましょう。
相場より高ければいいというわけではありませんし、相場より安い場合は何かしらの理由があるはずです。
大掛かりなリフォームは、お金のかかるお買い物。印鑑を押すまで契約は成立していません。納得した上で契約書に印鑑を押しましょう!

追加料金についても確認

リフォームを施工していく中、何かしらの資材の追加が必要な場合や工事期間の延長などが起こる場合もあります。
こういった場合の追加料金を確認をしておきましょう。
リフォームの見積もりの中には資材の料金と人件費の料金が記載されています。
依頼者側の都合で工事期間が延長された場合、業者側の都合で工事期間が延長された場合など、どちらの都合で追加料金が加算されるのか等も確認をしておいた方が良いですね。
もし追加料金があった場合はどれくらいの金額になるのか、なども詳しく話してくれる業者は安心できます。
また、支払い方法についての相談も重要です。多くの業者はクレジットカードや事前振り込み、施工が終わった後の現金払い等様々な支払い方法を用意しています。


この記事をシェアする